タグ:仏教 ( 189 ) タグの人気記事

一即多多即一

私たちの目は、外側を向いていますので、
他人のことはよくわかりますが、自分のことは分かりません。

何か嫌なことがあると、あいつのせい、こいつのせいと思います。

ですから仏教では自分の心を知ることが一番大事です。

自分の心を知れば相手の心を知ることができます。
これを『一即多、多即一』と言います。

一は即ち多なり、多は即ち一なり。
浄土真宗の親鸞聖人はご自身の姿を通して万人の姿を知られたんですね。

真理に即して、一切の真理を道破された。
自分の姿を通して万人の姿を知られた。
自分の姿を知れば相手の心がわかるんです。
自分の姿を知らないから相手の心がわからないのです。

自分というものを知る、
わたしとはどういうものか
これが私だぞと仏教で教えておられます。


[PR]
by sakyamuni | 2018-11-13 12:00 | 罪悪 | Comments(0)

仏教を我がごとと聞く

本当の幸せになるためには、
仏教を我がごとと聞くことが大切です。
仏教をいかに自分の問題とするかです。

自分と関係ないと思ったら他人事で聞いてしまいます。
人生の目的は幸せになる事ですが、
ところがなれてない
というのを自分のことと分かってもらいます。

原因が自分にあることを納得してもらわなければなりません。

宗教ですかと出てくる心の出所が違います。
やっぱり聞かなければならない。
ところが不安という質問と面白半分での質問では意味ない。

次に死をどう切り出すか

人間は必ず死んでいかなければならない。
そんなこと当たり前です。
死んだらどうなるというのは、すべての人に関係のある問題です。
それを解決するのが仏教なのですから、
仏教はすべての人に関係があります。




[PR]
by sakyamuni | 2018-10-28 12:00 | 仏教 | Comments(0)

宗教を2つに分類する

宗教を二つに分類する
1つ目は現世利益の宗教
2つ目は死んだら救われる宗教です。

1つ目の現世利益というのは、
これを信じたら病気が治る、金儲け、(風水、石握れ、蛇革の財布入れて
る金より財布の方が高くて二年ごとに買い換えるとか)、性格、空飛ぶ
くそ真面目に検討したら抱腹絶倒ものなのが一杯あります。
PL教とか、天理教
日本には数え切れないほどあります。

99%はこれで消滅します。

以前、北海道にフェリーで行くことになりました。

2等船室、団体でごろ寝している人たちがいました。
見ると天理教です。
全然寝れません。

昼に向こうで天理教のおばさんが食事、うっといいながら苦しみ始めました。
お婆ちゃん死んじまう、、やばいと思っていたら
そこのおじいさん
「たすけたまえーてんりんのみこと」
と踊り始めます。

踊っていてはだめじゃー!!血の気が引きました。
恐ろしい、おぞましい、忘れられません。

たとえ千歩ゆずって病気が治ったとしても、
そんなことありえないけど、
そんな病気、金、続きはしません。
一時的な安心、死ぬまで求道です。

もう一つは、死んだらお助けの宗教です。

アルマゲドンの映画ハルマゲドンの事
死んだら何とかなる。
もっともっと信仰しなさい
「貢物がたりんぞー」
「田畑うって」きりがない

「不吉なそうが出ております」
おまえの方がよっぽど不吉

死んだらの代表はキリスト教GoGoHeavenスピード

死んだらほにゃらら。
ということは、死ぬまでハッキリしないということ。
死んでみなければハッキリしない

1つ目は、続かない、一時的です。
2つ目は、死んでみにゃわからん

両方とも死ぬまで求道です。

逆に言うとそうでないものを知る人がないのですが、
生きているときに絶対の幸福になれるのが仏教です。



[PR]
by sakyamuni | 2018-10-24 12:00 | 宗教 | Comments(0)

不完全燃焼は身体に悪い。
ヒーターならCOが発生。
人間ならフリーラジカルが発生する。
安定してないので色々なものを攻撃する。
有害な物質が生まれる。

人生不完全燃焼すると心には
「つまらん、だりー、あんちくしょー、うらやましい」
愚痴分子が生み出される。

しかも自分の体内にとどめるだけでなく外に発射する。
耳に取り込まれ体内かけめぐり様々な心と融合して
聞いた人はどんどん元気を失い不幸に陥れる
恐ろしい目に見えない分子です。

それで世の中じゅうが不完全燃焼にまみれて全然幸せになれない。
自分も相手も幸せになれない。

完全燃焼、時間が足りない、クタクタになるまで種をまくことができる。
良い種蒔く、完全燃焼の日々。
もえかすなんて残りはしない。
スッキリする。

いまどき青春は死語。

体力、エネルギーがみなぎってるのに
どこに向けたらいいか分からない。
不完全燃焼で、余計なこと、爆弾投げるとか使ってしまう。

インターネット、出合いサイトにはまるのは暇。
そんな時間全然ない。
どこにどうしたら時間ができるのか。
人刺してる時間もない。
三浦海岸行く暇もない

そういう人はひまで仕方ない、やることない。
もったいない。

一回しかない人生、
そしてその年その年は一回しかない。
二度とない。

大仕事 とげて死なまし 熱情の
 若き日は 二度と来はせじ

本当の仏教を多くの人に伝えるのが一番有意義。




[PR]
by sakyamuni | 2018-10-22 12:00 | 顕正 | Comments(0)

布教とは施しの一つ

布教というのは、仏教が初めての人に、仏教の紹介をすることです。
これはあらゆる商売、サークル、予備校、不動産会社でも行います。
仏教が初めての人になれない人の勧誘は
予備校、英会話、キャッチセールスなども勧誘します。

案内は案内でも、色々あちこちでやってますが、
私達が仏教が初めての人に仏教の案内をする目的は何でしょうか。

金儲けでもない、英会話でもない。
ラグビーの為でもない、海外旅行、ボートでもない。
この目的が最も大切です。

何のため

仏教の教えをお伝えする。
これ以外にはありません。

これは布施の一つです。
仏法をお施すことで、
法施といわれます。

法施とは破邪顕正ということです。

私達の色々なでも最高、
これ以上素晴らしい種まきはないのです。

[PR]
by sakyamuni | 2018-10-20 12:00 | 実践 | Comments(0)

若者が今求めているもの

メル友とか、コミュニケーション能力とか、
若者はみんな色々考えて悩んでいるようだけど、
結局、共通しているのは、不安
心が暗いから、暗い自分を明るい自分に変えたいと考えていること。
一生懸命、人から明るいねって言われるような自分を演じている。

しかし、心の底にはそうでない自分がある。
これでは見せかけの明るさ、幸せということ。
こんなことを続けても、いつまでたっても誤魔化しの自分ということになる。
本当に心の底から喜べる自分にはなれない。
ごまかしのまんま。

だから、本当の自分を探すということが極めて大切じゃないかな。

本当の自分とは、心の底から喜べる自分。
生きててよかった、と喜べる自分。
心の底から幸せな自分。
これを教えられたのが、仏教
つまり、生きる意味
これは、幸せになること。
本当の幸せになること。



[PR]
by sakyamuni | 2018-10-12 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

医学の行き詰まり

医学は、色々な意味で大変です。
実は大きな矛盾をかかえているのです。

そもそも医学部の学生も大変です。
6年間です。
4年間と違います。
しかも文学部と1年間の大変さも違います。
試験期間も比較的長いです。

では大学を卒業したら医者になれるか?
なれません。
それからまた実習とかあります。

一人前の医者になるとなったらスゴイお金、
労力は大変なものです。
医学一つに大変なお金が投入されています。

この医学もいき詰まっています。

医学は命を延ばすことを無条件に価値があるとしていますが、
延ばした命で何をするのか?
これに答える事ができないからです。

この象徴的な事件が3年ぐらい前にありました。
心臓の臓器移植のときのことです。
心臓移植、どうやってするのか?
カッターナイフではできません。

非常にお金もかかりますし大変多くの人が携わって
ようやく命が助かりました。

その結果、
「延びた命で何をしますか?」
とインタビューを受けて、
その答えは
「阪神戦を見ながらビール飲みます」

なんかせっかく伸ばした命なのに・・・。
医学では命を延ばす目的を教えません。
生きる意味がわからないのです。

これがわからなければ、医学の意味もわからなくなります。
生きる意味は、仏教に教えられていますので、
医学に仏教は必須ということになります。




[PR]
by sakyamuni | 2018-10-08 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

『父母恩重経』の説法後、予想外の反響に驚いています。
現在、ほとんど教えられてないことだからかも知れない。
親の恩に感動、感謝できるかどうかは、人間に生まれた喜び、
仏教を聞いている幸せを、感じられるかどうかで分かれます。

敗戦前の日本では“忠孝”が徹底された。
ところが戦後“忠”の否定から“孝”まで排斥された。

今日、親孝行を説くのは、先祖供養を売り物にする新興宗教か、
日本神道ぐらいであろう。
“先祖はエライから敬え”ではなく、
“先祖も一生造悪の極悪人”であることも明白にしながら、
親の恩を説くのは、特異な存在であろう。

仏法が、どこかの先祖供養宗教や新興宗教と全く違うものというのは、
別に親が偉いから親に感謝せよ!!
というのではなく、
仏教では親も一生造悪の極悪人と知って感謝するのですから
特異な存在なのです。

なぜ感謝するのかというと、
先祖の一人でも欠ければ人間に生まれることができかなったからです。
人間に生まれられなければ、仏教を聞いて、
極悪人がそのまま迷いの解決をすることも
できなかったからなのです。


[PR]
by sakyamuni | 2018-10-06 12:00 | 実践 | Comments(0)

あなたは殺し屋?

仏教では、すべての人が作っている罪悪を
十に分けて教えておられます。

その中、身体で造る罪は、殺生偸盗邪淫の3つがあります。

殺生とは生き物を殺す罪。
これについては3通りの殺生があると教えられます。

自殺と他殺と随喜同業です。

自殺は
自分で生き物を殺す。

他殺は、他人に頼んで殺す。

随喜同業は、他人が殺生しているのを見て
楽しむ心があれば同罪ということです。
ですから、スーパーで買ってきた肉や魚を食べて美味しいと思ったら
殺生罪です。

そして、殺生の罪を造った人は地獄に堕ちると説かれています。
ところが私たちは、食べるためといって
幾億兆の生き物を殺しているかわかりません。

そういうが、殺生罪です。

みんなこれ作っていますから。
男性も女性もこれみんなです。
殺し屋です。


[PR]
by sakyamuni | 2018-10-04 12:00 | Comments(0)

仏教で嘘とは?

ウソについては
人間の心と言葉の不実さを道破された
ブッダのお言葉が『大無量寿経』にあります。

とはこれを言うんですね。
人間の心と言葉の不実さ、
まことがないことをいいます。

というのは
心口各異言念無実
のことを言います。

意味は、私たちは心と口と各々異なっている。

言うことと思っていることにはまことがない。
これをと言うんですね。

というのは心に思っていることと
口で言っていることと違っていることを言います。

口で言っていることと思っていること。
一致しないんです。
まことがないとおっしゃる。
これをと言います。

人間の心と言葉の不実さ、まことがないと道破、
明らかにされたブッダのお言葉です。

これを仏教妄語といわれます。
妄語とはのことを言います。


[PR]
by sakyamuni | 2018-10-02 12:00 | 罪悪 | Comments(0)