カテゴリ:生きる意味( 121 )

トルストイの民話集に、『人はなんで生きるか』という作品があります。
トルストイはたくさんの民話を集めて、それをアレンジして発表しています。
その中でも最も有名なのが、この『人はなんで生きるか』です。
この民話のテーマは、なんのために生きるのかです。

どんな話かというと、ある小国の農民に、
大国の王様が、
「日が沈むまでに歩き回った土地をあげよう」
とおふれを出したというものです。

これは、日が沈むまでに戻ってこれなければ、土地はもらえません。

さっそく挑戦した一人の農民が、日の出と共に、歩き始めます。
少しでも広い土地が欲しいと思って、予定よりもどんどん先に行きます。
そして、昼近くになって右に曲がり、どんどん足を速めて歩いて行きます。
そして、夕方頃になると、もうすっかり走り出しています。

ところが、もうすぐ日が沈んだら、せっかく歩き回った土地が手に入らなくなってしまいます。
猛然とダッシュして、何とか日が沈むと同時に、出発地点に戻ることができました。

しかし農夫は、戻ったと同時に、倒れてそのまま息を引き取ってしまいます。

それを聞いた王様は、
この農夫には、こんなに広い土地は必要なかったのだ。
自分を埋葬するだけの土地があればよかったのだ。
と言ったという話です。

この農夫はなぜ死んだのかというと、
自分の欲望に殺されたのです。
土地の取得に命を費やしたのです。

しかし、私たちも同じではないでしょうか。
人生というのは命の時間です。
時間を使って何かをしているということは、
命を何かと引き換えにしているのです。

時給1000円の仕事を10時間したならば、
10時間の命を10000円で売ったということになります。

そうやって私たちは、命をお金で売って生きているのです。

しかも、もっともっとと欲しがって、
最後は命を使い切ってしまうのです。

キリのない欲望を
キリ有る命で追い求めてその先にあるのは破滅のみです。

あれがほしい、これがほしい、ああしたい、こうしたい、
人間の欲望は真実とは関係なく、
人をものすごい力でだこかへ引きずり出してゆきます。

一体人は何を求めるために、
限りある命をかけるべきか考えて
みなければなりません。

これにかけて悔いなし、といえるもの
それが本当の生きる目的といえるものでしょう。


by sakyamuni | 2019-01-15 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

影をおそれて走る

影を畏れて走る」という故事成語があります。

中国の老荘思想で有名な「荘子」の中に出てくる言葉です。

功名を追い、理想を求め、必死に努力している孔子を批判して
漁夫(ぎょほ)が次のようなたとえ話を持ち出して言っています。

自分の影を畏れ、足跡を嫌い、
これを振り切ろうとして逃げ出した男がいた。
ところが、足を速めて、懸命に走れば走るほど、
影はいよいよピタリとくっつき、足跡の数はましていきます。

まだ、遅いと思ったその男は走るスピードをあげたが、
ついに力つきて死んでしまいました。

木陰に身をおき、影をなくし、
静かなところでとどまって
足跡をなくすということを知らなかったんだ。
愚かな男だよ。

この話から、
「影を畏れて走る」
といえば、何かに追い立てられるように、
やみくもに突っ走り、
無我夢中で生きている様をさす故事成語として
使われるようになりました。

そうすると、夢のように酔生夢死してしまいます。
一体なんのために生きるのかわかりません。
かといって、その場に留まっていることもできません。
本当の生きる目的を知らなければならないのです。
それは、「荘子」ではなく、「仏教」に教えられています。



by sakyamuni | 2019-01-12 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

科学が進歩して、生活が便利になまりした。

経済が発展して、ものが豊かになって、
ほしいものが手に入り、娯楽が増えました。

その結果、価値観が多様化しています。
ではそれで幸せになったでしょうか?

生活が便利になるのと、
幸せとは関係がありません。

科学の進歩や経済の発展で、
世の中がどれだけ変わったって、
幸せになれないという現実が変わらない。

個人的なことでいっても、
仕事をかえても住むところをかえても、
服装を変えて、髪型変えても変わりません。

これでは一体なんのために生きるのかわかりません。

そういう現実に失望し、絶望します。
全人類は同じところをぐるぐる回って、
流転輪廻しているのです。



by sakyamuni | 2019-01-09 18:00 | 生きる意味 | Comments(0)

母が優しくなりました。

私が子供の頃、風で、インフルエンザで、40度の熱だして寝てたことがあります。
孤独でした。
その時、優しくしてくれました。

いつもは
「ライオンが我が子を千尋の谷に落とす」
が口癖の母が
「食べたいものがあったら何でも言いなさい」
と言ったんです。

それで、「エビ天が食べたい」と言いました。
不景気だから、ケーキが好きだった。
でも、普段の母は自分の分しか買いません。

それで「ケーキ食べたい」とも言いいました。

ビフテキも食べたかった。
すき焼きの時は兄貴と争ったもんだ。
「肉が食べたい、あれが食べたい、これが食べたい」
と言いました。

ところが、それが出てきても、
40度の熱では味わえませんでした。
まったく美味しいと思えません。

だから、まず、自分が美味しいと味わえないでいる病気の原因を突き止めて、
解決しなければなりません。

病気を治した上で、健康になれば、お茶漬けでも美味しく頂けます。
エビ天、ビフテキ、ケーキならもっと楽しむことができます。

みんな幸せを求めながらなれずにいる原因は、外側にあるのか?
内側にあるのか?

答えは内側にあるのです。
心にあるということです。
その幸せになれない心の原因と
その解決法を教えられたのが仏教です。

だから仏教を聞けば、本当の幸せになれるのです。


by sakyamuni | 2018-12-07 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

ところであなたね。
これをキャッチするのが大事だってとこまで話したよね。
たとえばあなたが結婚するときに、どう相手を選びますか?

でも男性から女性に「あなたが結婚するとき」というのは失礼ですけどね。

たいていの人は、そのとき近くにいた人と結婚してしまいますけど、
できればなるべく沢山の人と出会って、
その中から愛してくれる人を厳選したいですよね。
相性とか、経済的なこととか、色々な面でよく考えます。

生きる意味というと、人間に生まれて来た意味だから、
何のために生まれて来たのかという
人生全体の目的のこと。

それと同じように、
生まれてから死ぬまでに何をするのか、
これもよく考えなければなりません。

仏教の話をするときは、気取らないほうがいいですね。
自然さが好きです。
ナチュラリズム万歳。

あと口の両脇にえくぼができるといい。
最初はハイテンションでどうなるかと思うけど、
真面目な話の時にはしびれをきかせるスローバラードになるといいです。


by sakyamuni | 2018-11-30 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

誰だって不幸を求めているって人はいないでしょ。

何かを表現するときに、
・普通は
・平均は
・誰だって
・みんな
という言葉大事。
私たちジャパニーズとしては、みんなと一緒、ということ大事。

誰だって不幸を求めて生きているって人はいないでしょ。
たとえば、結婚するときは、この人と結婚したらきっと幸せになれるって思うから結婚するよね。

幸せ、という言葉は少し若者には遠い言葉だが、結婚は近い言葉です。
そして結婚には幸せという言葉は近い。
お幸せにー、とか。
実際はどうだか分かりませんが。

これを反対に言う。
何か言うとき、最初に、こうだよね、と言う。
あんた髪の毛長いけど男だよね。
女じゃないよね、と言う。

逆に、反対に、この人と一緒になったらね、
この人と一緒になったら地獄だ。
地獄は一定すみかぞかし歎異抄
そういう人とは一緒にならないでしょ。

みんな幸せを求めて生きている。
生きる意味は、幸せになることだね。



by sakyamuni | 2018-11-27 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

問題は今日の雨

問題は今日の雨って何の事かって言うと、井上用水が何十年前
に歌った「かさが無い」っていう歌の歌詞の中にでてくるんだよ。

どんな歌詞かっていうとね、

「都会では自殺する若者が増えている。
今朝きた新聞の片隅にかいてあった。
だけども、問題は今日の雨、かさが無い。
いかなくちゃ、あなたに会いに行かなくちゃ。
雨の中を。
冷たい雨が、今日は心にしみる。
あなたの事以外はかんがえれなくなる。
それはいい事だろ?」

「テレビや新聞では日本の将来の問題を、深刻に語っている。
だけども、問題は今日の雨。
かさが無い。
いかなくちゃあなたに会いに行かなくちゃ。
あなたのうちにいかなくちゃ。
雨の中を。
冷たい雨が僕の目の中にふる。
あなたの事以外は何も見えなくなる。
それはいいことだろ?」

なんじゃこの歌は、と聞き終えた後、なんともいえない気分になりました。

僕たちの周りでは、深刻な事件が次から次へとおきてるんだよね。

日本では、一年間に3万人以上の人が自殺してるとか、
隣に座ってるお父さんが、実はリストラにあった人かもしれない。

だけど、問題は今日の雨、だってこの人は歌ってるんだね。
なんでかっていうと、かさがないだけど、彼女のうちにいかなくちゃならない。
彼女のことで頭がいっぱいだっていってるんだね。
まあ爽快というか、なんか虚無感というか、儚いというか、
なんともいえない変な気持ちになっちゃうよね。


by sakyamuni | 2018-11-17 12:10 | 生きる意味 | Comments(0)

新・新人類の幸福論

ニュース23でやっていた「新・新人類の幸福論」
現代人にとって幸せって何だろう?
結構関心を引くテーマです。

面白かったと思ったのは、幸せだと思う職業は?の問いに
男女とも陶芸家、
最低だったのは不祥事続きの政治家、警察官でした。

理想の年収は、1千万程度
しかし本物の陶芸家が出演して、
「とても無理」
「国宝級の人くらいでしょう」と
確かに理想と現実とは、なかなかかけ離れているもので、
幸せになりたいのになかなかなれません。

また、
テレビの中で、筑紫さんのパートナーが言っていました。
今はモノが溢れている時代だから、
何もかも当たり前になってしまって、
あまりそれが幸福と感じられなくなっています。

考えてみると、「幸福」って何だろう?

古今を通じて、多くの人が論じてきている問題です。
それは、やっぱり、生きているからには
皆な一応幸せになりたいと思います。

幸福を求めて生きている、と言っていいのでないでしょうか。

あらためて、
なんのために生きるのか」って聞かれたら、
それはやっぱり
「ああ生きててよかった」って言えるような
明るい楽しい充実した、そういう人生を送りたい。

これが言葉を変えれば、
「幸せ」になりたいから、ということじゃないかしら。
みんな幸せを求めて生きています。

生きる意味は幸せになることなのです。




by sakyamuni | 2018-11-07 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

五木寛之「人生の目的」

以前、こんな本がベストセラーになりました。
五木寛之「人生の目的」この本の一節です

ご本人いわく
「あまりにも正面切った古風な言い方で、
今の時代には野暮の骨頂と笑われかねない題名だと
自分でも苦笑する気持ちがある。
しかし野暮でもいい。
月並みも構わない。
人生をギャグで茶化すのも一つの智慧だが、
ここでは最近最も流行らない正面切ったやり方で、
大事なことを考えてみよう」

やはり生きる目的が大事だといっています。
そしてとりあげられたのが、ある自殺した小さい子供の遺書です。
人間の存在意義は何なのか。

最近はますますそれに対する答えが求められています。


by sakyamuni | 2018-11-03 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

科学は諸刃の剣

昔から言われるけれど、科学という専門知識、これは諸刃の剣です。

原子力も、恐ろしい大量殺戮兵器にもなれば、
私達の生活にかかせない電力供給源にもなります。

肝心なのは、科学知識を何の為に用いるか、という目的です。

科学はある意味では手段であり道具です。
道具を使って何をするか、
この目的があいまいなまま科学という便利な道具を使うと
悲劇が生まれます。

オッペンハイマーという人、歴史に名を残す有名な科学者です。

なぜ有名か?
アメリカで世界初原爆の製造に成功したマンハッタン計画、
その中心人物です。

わずか39歳で、天才科学者の名を欲しいままにした
ニューメキシコ州での実験成功
そのとき歓喜の声あがる輪の中心には、右手を高々と掲げた
彼の姿があった
彼自身その日は興奮に包まれ、夜もよく眠れなかったといっています。

しかし、その原爆が、日本に投下、大変な惨劇
そのニュースが彼のもとへと入ってきます。
彼はドンドンふさぎこんでいってしまう
「私の手は血塗られている」
後に湯川博士が面会
「50の彼は、70の老人のよう」
晩年は廃人のようでした。

科学は、果たして素晴らしいものと言えるか
科学は道具
要はそれを使う人間の問題です。

道具は、それを使う人間によって、良いものにも悪いものにもなります。
はさみでも
カッターでも、
人に役立てることもできれば
人を殺すこともできます。

アインシュタインの言葉
「科学なき宗教は盲目であり、
 宗教なき科学は不具である」

科学は人間がよりよく生きるためにありますから、
よく生きるための手段です。
ですから究極的には、
生きる目的がわからなければ、
科学の意味もわかりません。

by sakyamuni | 2018-10-31 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)