親鸞聖人は、
是非知らず邪正もわかぬこの身なり
といわれています。

さらに親鸞聖人のお言葉をお弟子が書き残した歎異抄には、
の二つ総じてもって存知せざるなり
とおっしゃっています。

是非もも知らない姿は、
阿弥陀如来の光明に照らし出された実機です。
これが私たちの本当の姿ですよというのが正、
私は正しいこと知っているといっているのが邪です。

そして何も分かっていない自分がすくわれたのは
弥陀の本願あってこそです。
これが正です。
自分で幸せになれるというのが邪です。

正は、そういう実機のを救うという阿弥陀仏の本願です。

これを明らかにするのが仏弟子の使命です。

こういう真実を叫ぶと非難が起きるといわれていますが、
その通りみんな自分が正しいと思っているから非難が起きます。

仏法を伝えようとしたら家族に反対された
一度聞いてみてといったら金集めだといわれた

そのときは根競べです。
いつまで仏教を聞けるか、
仏教を聞くのは、阿弥陀如来のお力によるものですから、
必ず向こうは負ける勝敗は明らかです。
向こうはくたくたになる
しばらくの間のことです。

阿弥陀如来のご念力に勝てるものはありません。
あきらめきれんと諦める
阿弥陀如来の根気に勝てる人いない

悪口受けたくなければ破邪顕正しなければいいのだ
ともいわれた。
非難攻撃の中さけばれたのが親鸞聖人です。


[PR]
by sakyamuni | 2018-06-17 12:00 | 顕正 | Comments(0)

仏法者のすべきこと

ブッダは遺言に
「破邪顕正せざるものは仏弟子にあらず」
といわれています。

破邪顕正とは、邪を破り、正をあきらかにする
ということです。

ですが、破邪顕正しようにも何が邪、正かを知らなければなりません。
あいまいなら気が起きないですし、できません。

まず、何がで、何がすべきことなのでしょうか?
あの人は万引きした、
殺人した、あの人のアリバイがある。
これは仏法者の仕事ではありません。

うちの妻は浮気しているのか。
していないか。
スキャンダルを問題にして仰ぐのがマスコミです。
仏法者がすることではありません。

「我必ずしも聖にあらず、彼必ずしも愚にあらず、ともにこれ凡夫のみ」
といわれています。
他人をみてあの人間違っているということできません。

ではここで邪とは何か、
邪正とは何かといいますと、
これは世間事ではありません。

真実の仏法をねじ曲げるものが邪で、
真実の仏法が正です。

真実の仏法には、
本当の生きる意味が教えられていますから、
本当の生きる意味を伝えましょう
ということです。



[PR]
by sakyamuni | 2018-06-15 13:00 | 顕正 | Comments(0)

自分がすばらしい教えにあわせていただいたとなれば、
自分一人だけで聞かせて頂いてはあまりにももったいない、
それで、縁のある人にお伝えせずにはおれなくなります。

自分が幸せになったら、
人も幸せにせずにおれなくなります。

法を施さずにはおれなくなります。
これは布施の中でも法施です。

言葉をかえれば
顕正せずにはおれなくなります。

一人でも多くの人に仏教をお伝えしたい。
生んでくれた両親、昔の友人、
あの人にもこの人にも、
という気持ちになります。

たまたま、そば屋に入って、
そのそばが今まで食べたことのないような
美味しいそばをたべたら、黙ってはおれなくなります。

「あそこのそばは美味しいよ」
無口な人でもいわずにおれなくなります。

本当に美味しいと思ったら、
人に伝えずにおれなくなります。
顔中口にして言わずにおれなくなります。

家族に反対を受けるから言わないほうがいいと思っても、
本心は言わずにおれないのです。

私たちも仏教の教えを聞かせ頂いて、
聞かせていただいた喜びがあったならば、
人に伝えずにおれなくなります。


[PR]
by sakyamuni | 2018-04-20 12:00 | 顕正 | Comments(0)