親鸞聖人御自身、生涯御名号のみを本尊として仰がれただけでなく、
弟子や同朋達にもお勧めになったという事実は、色々な記録によって極めて明らかです。

改邪鈔にはこのようにあります。
「本尊なおもて観経所説の第八の像観よりいでたる丈六八尺、随機現の形像をば、
祖師あながちに御庶幾御依用にあらず。天親論主の論文、即ち、帰命尽十方無礙光如来をもって、
真宗の御本尊とあがめましましき」(改邪鈔)

改邪抄は、覚如上人の書かれたものです。
親鸞聖人のひ孫さんです。
その覚如上人が親鸞聖人は名号の本尊を
用いておられたと言われているのです。

これは、親鸞聖人が木像や絵像を本尊とせず、
専ら御名号を本尊となされたことの記録です。
木像というのは、木製や金属製の仏像のことです。

そのほか、『慕帰絵詞』の中にも、
「他の本尊をばもちいず、無礙光如来の名号ばかりを掛けて、一心に念仏せられるとぞ」
とも記されていることでも明白です。

又、『弁述名体鈔』の中に、在覚上人も
「みな阿弥陀仏の尊号なり」
と、その事実を裏付けておられます。

何よりもこの事実を証明することは、聖人御真筆の名号が幾体も現存しているということです。
これら御真筆の名号には、蓮台を描き「愚禿親鸞敬信尊号」と明記なされ、
裏書には「方便法身尊号」とありますから、
聖人御自身が御本尊として敬信なされていたことは明らかです。

しかもそれは、ただ親鸞聖人のみではなく直弟子達にも御本尊として、
授与されたことも明らかに推測されます。

しかもこのように、木像や絵像本尊を廃して御名号本尊となされたのは、
親鸞聖人をもって最初と致します。
親鸞聖人の先生である法然上人はされていませんが、
親鸞聖人が初めてなされたのです。

ですからこれは決して時代背景とか、住居の影響とかいうような、
枝葉末節の問題でなされたものでは断じてありません。
浄土真宗の正しい御本尊は、仏像ではなく、名号なのです。



[PR]
by sakyamuni | 2018-01-02 12:00 | 本尊 | Comments(0)