親鸞聖人は、
是非知らず邪正もわかぬこの身なり
といわれています。

さらに親鸞聖人のお言葉をお弟子が書き残した歎異抄には、
の二つ総じてもって存知せざるなり
とおっしゃっています。

是非もも知らない姿は、
阿弥陀如来の光明に照らし出された実機です。
これが私たちの本当の姿ですよというのが正、
私は正しいこと知っているといっているのが邪です。

そして何も分かっていない自分がすくわれたのは
弥陀の本願あってこそです。
これが正です。
自分で幸せになれるというのが邪です。

正は、そういう実機のを救うという阿弥陀仏の本願です。

これを明らかにするのが仏弟子の使命です。

こういう真実を叫ぶと非難が起きるといわれていますが、
その通りみんな自分が正しいと思っているから非難が起きます。

仏法を伝えようとしたら家族に反対された
一度聞いてみてといったら金集めだといわれた

そのときは根競べです。
いつまで仏教を聞けるか、
仏教を聞くのは、阿弥陀如来のお力によるものですから、
必ず向こうは負ける勝敗は明らかです。
向こうはくたくたになる
しばらくの間のことです。

阿弥陀如来のご念力に勝てるものはありません。
あきらめきれんと諦める
阿弥陀如来の根気に勝てる人いない

悪口受けたくなければ破邪顕正しなければいいのだ
ともいわれた。
非難攻撃の中さけばれたのが親鸞聖人です。


[PR]
# by sakyamuni | 2018-06-17 12:00 | 顕正 | Comments(0)

仏法者のすべきこと

ブッダは遺言に
「破邪顕正せざるものは仏弟子にあらず」
といわれています。

破邪顕正とは、邪を破り、正をあきらかにする
ということです。

ですが、破邪顕正しようにも何が邪、正かを知らなければなりません。
あいまいなら気が起きないですし、できません。

まず、何がで、何がすべきことなのでしょうか?
あの人は万引きした、
殺人した、あの人のアリバイがある。
これは仏法者の仕事ではありません。

うちの妻は浮気しているのか。
していないか。
スキャンダルを問題にして仰ぐのがマスコミです。
仏法者がすることではありません。

「我必ずしも聖にあらず、彼必ずしも愚にあらず、ともにこれ凡夫のみ」
といわれています。
他人をみてあの人間違っているということできません。

ではここで邪とは何か、
邪正とは何かといいますと、
これは世間事ではありません。

真実の仏法をねじ曲げるものが邪で、
真実の仏法が正です。

真実の仏法には、
本当の生きる意味が教えられていますから、
本当の生きる意味を伝えましょう
ということです。



[PR]
# by sakyamuni | 2018-06-15 13:00 | 顕正 | Comments(0)

教学と行学

仏教を聞く上で、教学と行学が大切です。
教学力とは教えの深い理解です。

自利利他の教えです。
そして、人に仏教の話をするときに分かりやすくなります。
色々な失敗があるがもっと勉強させて頂きましょう。

行学とは、仏教の教えの通りに実行することです。
仏法で言われる善を身に付けているかどうか。
教学で学んだことを真面目にやるのが大切です。
まずは聞法が一番大事です。
そして
六波羅蜜(ろくはらみつ)、
6つです。

そういうことを立派に心がけていく人は、
輝く存在ですから、
みんな仲間になりたくなります。

失敗する場合にはこの逆を実行しています。
けちで、約束を破り、すぐに怒り、怠けます。
仏教は伝わりません。

仏教の教えの通り実行していったら徳が身につきます。
徳のある人、誘蛾灯のような人です。
ああなりたいとあこがれる存在になりましょう。


[PR]
# by sakyamuni | 2018-06-13 13:00 | 実践 | Comments(0)

浄土真宗を広められた蓮如上人は、
あるときこのようにおっしゃっています。

同じく仰せに、「今日の日はあるまじきと思え」と、仰せられ候う。
何事も、かきいそぎて、物を御沙汰候う由にて候う。
ながながしたる事を御嫌いの由に候う。
仏法のうえにては、明日のことを今日するように、いそぎたること、賞翫候う。
(御一代記聞書104)

今日の日もないんだと言われ何事も急がれています。
仏法者は明日することを今日する。
蓮如上人はこのように過密スケジュールを過ごしておられます。

ご説法では一言一言噛み砕いておられるが、
壇上から降りられると変わられます。
ものすごく早い。

蓮如上人のお言葉で若き仏法者が私たちにメッセージを残しています。
日々全力投球、これが蓮如上人のお姿です。

今日死んでしまったら、そういう気持ちで
説くので真剣で聞いてください。
今日が最後のご説法だと言う気持ちです。
そういう気持ちで聞いてもらいたい。

親鸞聖人の時代、天皇の女官であった鈴虫・松虫は、
夜、抜け出して仏教講座に聞きに行きました。
発覚したら命はないかもしれない。

暇なときに仏教を聞かせていただけばいいと思いますが、
どうして行ったのでしょうか。
後生の一大事があるからです。

昼間に話を聞かせて頂き、
その日の夜に仏教を聞かずにおれなくなったのです。

今の苦しみは一時の苦しみ。
明日はないという気持ちで求めて阿弥陀仏に救われる。

だから私たちのここ一つ聞いたならば底抜けの幸せ者になれる。
大宇宙一の幸せ者。
求めてきてよかった。

その先にある、求め抜いて頂きたい。
求道の道程には色々あるが、それは幸せのため。
それを苦しいと投げ出すのは勿体ない。
それが幸せの姿なのだから。
後生の一大事という大問題の解決に向かって進んで頂きたい。

[PR]
# by sakyamuni | 2018-06-12 18:00 | 仏教 | Comments(0)

法尋という人が作った
親鸞聖人の歌にこうあります。

真宗の組織は
この時ここがまことぞと
教行信証六巻に
真意を開き著わさる

法然上人が明らかにされた阿弥陀仏の本願です。
それを書かれた選択集の御心を明らかにされたのが教行信証です。
選択集の書写を許されてから十数年の年月がたって
やっと教行信証のご執筆に取り組まれました。

それも御執筆だけでなく
その前に田植え歌があり、
田植えで仏法聞きにこれない人に
なんとか伝えたいと田植えをいっしょにされたりしています。

その後、お疲れの中末代の人にもなんとか伝えたいと
御執筆されました。

親鸞聖人はその後、お亡くなりになるまで修正を加えられています。
本当の仏教の真髄が詳しく明らかにされています。


[PR]
# by sakyamuni | 2018-06-10 12:00 | 教学 | Comments(0)