大学に入ったら、有意義に暮らしたい。
充実した生活を送りたいと思ってる人は結構多いんじゃないかな。
けど、有意義って何だろう。
充実してるって何だろう。
意義があるって、その意義は?
実が充填ってその実りは?
これが分からなかったら、有意義な生活も充実した生活も送れない。

20年くらい前から、大学で言われていること。
三無主義
・無気力
・無関心
・無責任
ほかにも無感動なんてのもある。
気力がない。
何に対しても興味関心を示さない。
責任感がない。
全部他人に任せてしまう。

結局何したらいいのか分からない。
単なるモラトリアム状態。

たたずみあなたっていうのがいるらしい。
以前の日経新聞に出てる。
たたずんでしまっている人
どこにいるのかというと東大の本郷キャンパス
本郷生の約一割、つまり、600人くらいが、
保健センターでカウンセリングをうけた。

それらの人に共通しているのは、
いったい何を勉強したらいいのか分からない。
何をして生きていいのか分からない。
院生であれば、何を研究すればいいのか分からない。

こんな人が増えているらしい。
これは単なる五月病にはとどまらず、
スチューデントアパシーになってしまっている。

そういえば文部科学省では、
なぜ勉強しなければならないか。
この答えを平成13年中に出す、と言っていた。

現場では誰も答えていないということ。
親も先生も誰も答えられないから、こんなことになっている。
それどころか、行政機関も誰も分かっていないということ。
ものすごい虚無感です。


[PR]
by sakyamuni | 2018-10-10 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)