人気ブログランキング |

人生の目的を果たすと寂しくなくなる?

お金があるとかないとか、
頭がよいとか悪いとか、
家族がいるとかいないとか、
友達がいるとかいないかとか、
恋人がいるとかいないとかに関わらず。

いなければいないで、いればいたで、
人間やっぱり誰にも分かってもらえない秘密の蔵を抱えて、
どうせみんな一人ぼっちなんだよと強がりは言うものの、
それでもやっぱり自分のことを分かってもらいたくて
認めてもらいたくて生きている。

だけどこれが叶わず
いつまで経っても独りぼっちだと言うことを
大無量寿経』の中に
「人世間愛欲の中にあって独り生まれ独り死に独り去って独り来る」
と言われている。

人生の目的である本当の幸せっていうのは、
どんな幸せかというと、
今まで誰に言っても分かってもらうことのできなかった
秘密の蔵をあけて、
何もかも分かって頂いて
しかもそっくりそのままで本当の幸せになれる世界がある。

孤独だったのにも乗り越えて苦労して
頑張って生きてきたのはこの幸せになるためだったんだ。
人間に生まれてきたのはこの幸せになるためだったん
だと躍り上がって喜べる世界がある。

こう釈尊が説かれている。
人間は苦しむために生まれてきたのではなくて、
幸せになるために生まれてきたのだ。
誰にも判ってもらえなくて
独りぼっちで孤独で震えるために生まれてきたのではなくて
その胸の内を本当に分かってもらって
本当に満足のゆくこの幸せになるために生まれてきたんだと。

幸せになるために生まれてきたんだと
釈尊は教えられていると言うこと。
仏教を聞けばそんな風に心が幸せに救われて、
人間に生まれてきて良かったという喜びを味わえる。

決勝点があるんだと言うことがハッキリするところがある。



by sakyamuni | 2020-09-18 12:00 | 生きる意味