人気ブログランキング |

なぜ自殺してはいけないの?

自殺は社会問題になっているので、
みんなが関心がないわけでもないんです。
それなりの対応策も取られている。

ニュース23。
自殺特集を組んだ。
すると瞬間視聴率が最大になったんだって。
その中で討論がなされた。
何が悪いのか。
学校、教師、親、社会、そういうものがあげられた。

学校が悪い、対応策が取られている。
勉強の内容を減らすとか。
週休2日制にしてみるとか。
色々考えられている。

教師が悪い。
実際、教師にでもなるか。
とか、教師にしかなれない、などと
いうような人がすごく増えてきている。
聖職とは呼べなくなってきた現状。
それで、教師の採用試験も、面接重視、人物重視に変わってきた。

また、親に問題があるのか。
社会が悪いのか。
公園で遊べない。
それで健全な育ちかたができないとか。

このように色々理由を考えられて、対策を立ててはきたものの、一向に減らないんです。

それはなぜか。
根本的な理由が違う。
ピントがずれているからです。

ある子供が尋ねる。
なぜ死んじゃいけないの?
それは言い替えると
なぜ生きなければならないの?
ということになります。
こう聞かれて答えがストレートに出てこない。

なぜ生きなければならないの。
と聞かれて、熱血先生が死ぬな!!!
それに対して、なぜ死んではならないの?
と聞かれてまずここで
「うっ」
と詰まってしまう。

その答え、理由が不透明だから、答えに詰まるんです。
たとえば火遊びだったら、なぜいけないの?
ときかれて間髪いれずに、
「やけどするから」
「火事になるから」
色んな事の理由をはっきり示すのが幼児教育と言われているらしい。

ある時、こういう事があった。
朝まで生テレビ。
自殺特集。
ある若い人が、
「そもそも何で死んではいけないんですか?」
と問いかけた。
するといつもは他の人がしゃべっていてもしゃべり続けるパネラーたちが、
一向に答えられない。

そこで司会の田原総一朗が
「何とか言ってくださいよ。あなたたち、日本の論客なんでしょ」
それでも全くこたえられなかった。
沈黙。

「それは、人命は尊いからだよ」
と答える人もある。
そういえば人命は地球よりも重いというセリフもありました。
しかし、そういう人に対して、ある子供。
「なぜ尊いといえるの?」
「うっ!!」
と詰まってしまう。
一撃です。



by sakyamuni | 2020-08-09 12:00 | 生きる意味