人気ブログランキング |

人生に目的がある時とない時

生きる目的がないと、生きる意味のない人生になります。

目的もなく向上しなさいとか
前向きに生きなさいといいますが、
上とはどこですか?
前向きに生きろという前とは?
分からなければ力が入りません。

町でさらわれて、目隠しされて、ヘリコプターで連れて行かれて、海に落とされたとします。
目隠しを外したら、見渡す限り海また海で、どこだか分かりません。

そんな時は、海といっても海水浴どころではありません。

泳がなければ仕方がないということで、泳ぎます。
しかしどこへ向かって泳ぎますか?

カモメがいる、あっちかな。
しかし、陸地はこっちにはないかもしれません。

逆に戻ろうという気持ちにもならなければ
続けて泳ごうという気持ちにもなりません。
虚しい人生になります。

島が見えれば、そっちへ行こうと思います。
大きな波がやってきても、乗り越えて行こうと思えます。

チクセントミハイという心理学者は、
現代は、利便と娯楽に恵まれていても、
生きる目的が分からないから充実が味わえない
と言っています。

ところが、なんのために生きるのかという生きる目的がはっきりすると一生懸命生きるようになります。

ニーチェは、
人生の目的があれば、苦悩を求め欲しさえする。
と言います。
何をやっても楽しいという人もあります。

ですから、本当の生きる目的を知って、そこに向かって生きるのが、本当の生きる意味なのです。



by sakyamuni | 2020-02-05 12:00 | 生きる意味