人気ブログランキング |

運命は誰が決めたのか、3つの教え

私たちは、誰しも、自分の運命がどうなるか知りたいと思います。
また、どうして今こんな運命を受けなければならないのか
どうしてこんな運命になったのか知りたいと思います。

運命は誰が決めたのでしょうか。
これは科学では今のところ分からないので、
みんな宗教を頼るしかありません。

誰が決めたのかというと神が決めた、
私たちの幸せや不幸は神の力によるものだというのは神道ですし、
が運命を作ったというのはキリスト教です。
そんな宗教がたくさんあります。

ところが仏教ではまったく違います。
自分の運命は、自分が造ったと教えます。
業によって運命は作られたということです。

業というのはインドの言葉でカルマといって、行いのことです。
この業に3つあります。
これを三業といいます。
三業とは、心と口と身体のおこないの3つです。

体でやっていることは、みんな分かります。
あいつあれをやっているなと思います。
それから、口で言っていることも行いです。

行いというと、言動と思っていますが、
仏教ではそれだけでなく、心も入ります。

思っただけではだめ、やらねばといいますが、
やったものは、心でも思っています。
知らないところでやっても
結果が生み出されます。

ジェームズアレンの原因と結果の法則でもそうですが、
因果応報なのです。




by sakyamuni | 2020-01-05 13:00 | 因果の道理