人気ブログランキング |

因果応報は過去、現在、未来を貫く

過去も未来も現在に収まっているいるという
『三世因果』を説かれた
ブッダのお言葉と根拠は何か。

汝ら、過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ。
未来の果を知らんと欲すれば現在の因を見よ。(因果経)

因果経というお経が一切経にありますが、こういうお言葉があります。
「汝ら」のとは、あなたに対してということです。

お前達よ、過去の因を知りたければ、
欲するとは求めると言うことですから、知ろうと欲する。
過去の原因を知りたければ現在の結果を見よ、

現在の結果を見れば判るんだ。
現在の中に過去の一切が収まっている。
現在は結果ですから、現在の結果があるから過去に原因があるからです。
また、未来の結果、自分未来どういう結果を受けるか知りたければ、
現在の因を見よ。

未来どうなるか知りたければ
現在自分がどういうことを言ったりやったりしているか。
現在が判れば過去も未来も全部判るんだ。

仏教で、因果応報といわれるのは、
過去、現在、未来の三世を貫くのです。



by sakyamuni | 2018-09-14 12:00 | 因果の道理