餓鬼と旦那の実践編

前回、餓鬼旦那についての記事を書きました。
旦那とは、布施をする人であり、与える人です。

じゃあ、具体的に相手に与えるとはどういうことでしょうか。

今回は実践編です。

持っている私が相手に与える。
これが布施と思っています。

自分が持っているものは、
お金、もの、情報など、色々あります。

ところがそれだと、与える人が、
与えられる人よりも勝っている、
優れていることになります。

どう?暖かくなったか?
こういう、おまえは仙崖かってなモードに入っちゃいます。
これはいやらしいですね。

これも大事だけど、むしろ思いやりとか、
相手の心が和むとか満足するとか、
良い点を評価するとか、誉めるとか。
こっちの方が相手の満足度は高くなります。
こっちのほうが大事です。

これができればすごく豊かな人生となります。
しかも元手はいらないのです。


[PR]
by sakyamuni | 2018-09-10 18:00 | 実践 | Comments(0)