智慧と慈悲で煩悩具足が至徳具足

阿弥陀仏の本願とはどういうお約束か。
智慧慈悲によってたてられたお約束です。

光明、智慧の働きによって、全人類の機の真実が照らし出されます。
それが逆謗の一機です。
言葉を変えれば、煩悩具足の凡夫です。

無量の光明に照破されて、
なんとまあ馬鹿なやつだ、
箸にも棒にもかからないやつだと、
照らし出されて、懺悔となります。
信心決定しても煩悩は変わらないから、
随犯随懺です。

そんなにもあさましい醜いやつが、
そっくりそのまま至徳具足、
煩悩具足の者が、功徳の海水に満たされて、救われます。
なんてもったいない、かたじけない本願。
そう知らされるほどいよいよたのもしく思われます。

法の深信のたった人にとっては、ご恩喜ぶたねとなります。
片方だけあるということはありません。
懺悔と歓喜に身も心もゆり動かされます。

信前の人にとってはまったくわかりません。
けど、煩悩具足ということは、
過去の経験から照らしてなんとなくわかったような気になります。
生まるべからざる者が生まれます。
絶対助からない者が助かるとなります。
そうなると、こういうことがなんとなくわかりやすい。
廻心懺悔も同じです。

無二の懺悔がさせられます。
三品の懺悔です。


by sakyamuni | 2018-09-06 12:00 | 罪悪 | Comments(0)