有無同然の人生をどう生きるか

仕事や病気、借金や、人間関係など、
人生には色々な問題が起きてきます。
という本がベストセラーになるくらいです。

いかに私たちがこれらのものに煩わされているか考えると
大変です。毎日です。
これらをどんなに解決しても「有無同然」です。
有っても苦しいですが、
無くても苦しいものです。
そうしたら、どう生きればいいんですか。

どれだけやってもこれらの苦しみは死ぬまでなくなりません。
キリがないものです。

ところが人生の目的は苦悩の根元をなくすこと。
それは破ったらもうこれらが障りにならなくなります。
一瞬でなくなるものです。

ちょうどキリなく出てくるモグラ叩きやって疲れ果てる。
モグラ叩くより、機械のコンセント抜いたらいいんだ。
モグラは出てこなくなります。

苦悩の根元を破ったなら、
別の意味で「有無同然」になります。
有っても無くても、同じく喜べます。
それが本当の生きる意味です。


[PR]
by sakyamuni | 2018-08-29 12:00 | 苦悩の根元 | Comments(0)