教学と行学

仏教を聞く上で、教学と行学が大切です。
教学力とは教えの深い理解です。

自利利他の教えです。
そして、人に仏教の話をするときに分かりやすくなります。
色々な失敗があるがもっと勉強させて頂きましょう。

行学とは、仏教の教えの通りに実行することです。
仏法で言われる善を身に付けているかどうか。
教学で学んだことを真面目にやるのが大切です。
まずは聞法が一番大事です。
そして
六波羅蜜(ろくはらみつ)、
6つです。

そういうことを立派に心がけていく人は、
輝く存在ですから、
みんな仲間になりたくなります。

失敗する場合にはこの逆を実行しています。
けちで、約束を破り、すぐに怒り、怠けます。
仏教は伝わりません。

仏教の教えの通り実行していったら徳が身につきます。
徳のある人、誘蛾灯のような人です。
ああなりたいとあこがれる存在になりましょう。


[PR]
by sakyamuni | 2018-06-13 13:00 | 実践 | Comments(0)