人気ブログランキング |

因果応報なのに起きてくる愚痴の心

電車に乗っていて急ブレーキがかかり、
子供が窓に頭をぶつけて泣き出しました。

普通は、窓を悪者にするところ、
あるお母さんが
「この柱も痛かったのよ、一緒になでてあげましょう」
と教えてやっていた。

普通は自分を苦しめた相手を憎みますが、
それが恥ずかしくなるような母親のせりふです。

あなたなら、どう思いますか?

たぶん、窓を叩いてしまうんじゃないでしょうか。
人のせいにする心があるということですね。
人のせいにして、自分を納得させる心がついつい起きて来るんですね。
こういう心を愚痴といいます。

私達が愚痴で苦しむときと言うのは、
何か悪い結果が返ってきて、
あいつのせい、こいつのせいと思うときですね。
そういう時って、心が落ち着かないんですよ。

因果応報なのについつい、他人のせいにしたくなる。
自分の原因を突き止めて、向上していけば、その人が得をするのに。

多くの人は、こういう愚痴の心で苦しんでいるのでしょう。
こういう心が自分にもあるなと知らされるから、感動するんですね。

愚痴愚痴とわからずに、苦しんでいるんです。


by sakyamuni | 2018-03-26 12:00 | 因果の道理