阿弥陀仏と大日如来の関係

あらゆる仏の大統領にあたる無上の仏、
大日如来、釈迦如来も阿弥陀仏の弟子であり家来。
阿弥陀仏が本師本仏である根拠を2つ

三世諸仏
念弥陀三昧
成等正覚
(般舟経)

ここでは「等正覚」は仏の悟りです。
弥陀三昧を念じてとは阿弥陀仏のお力によって。
諸仏も阿弥陀仏の力に依らねば仏の悟りは開けません。

十方諸刹土衆生と菩薩の中のあらゆる法報身と化身及び変化身は
みな無量寿の極楽界中より出ず(楞伽経)

大宇宙の諸々の地球みたいなものを「刹土」「塵刹」ともいわれます。
塵や埃みたいな小さなものと言うことです。
此の部屋が大宇宙ならその空間に浮かんだ塵が地球です。
阿弥陀仏の極楽よりでる

大日如来阿弥陀仏の弟子であり、家来であり、使い。
一切経にもあるし、親鸞聖人の教行信証にも書かれている。
蓮如上人の御文章では。

阿弥陀如来と申すは三世十方の諸仏の本師本仏なれば
(御文章二帖目八通)

阿弥陀仏は大宇宙の仏の先生、本師本仏と説かれている。

親鸞聖人は御和讃に

久遠実成阿弥陀仏
五濁の凡愚をあわれみて
釈迦牟尼仏と示してぞ
迦耶城には応現する

果てしない過去「久遠劫」にでられた阿弥陀仏
色んな世の中が乱れ煩悩をかき立てる縁の多くなる末法の私達をあわれみて、
お釈迦さまが阿弥陀仏の御心を伝える分身となって
「迦耶城」カピラ城に現れられた。

ですからお釈迦さまは阿弥陀仏の弟子。
仏教で、弟子の使命は、先生の御心を伝えることだけですから、
お釈迦さまは、阿弥陀仏の本願を一生涯教えられた。
親鸞聖人は、このようにいわれている。

如来所以興出世 如来世に興出したもう所以は
唯説弥陀本願海 ただ弥陀の本願海を説かんがためなり




[PR]
by sakyamuni | 2017-09-15 12:00 | 仏教 | Comments(0)