領解文でまず知らなければならないこと

蓮如上人は、領解文に
もろもろの雑行・雑修・自力の心をふり捨てて、一心に
「阿弥陀如来われらが今度の一大事の後生御たすけ候え」とたのみ申して候。
たのむ一念のとき、往生一定・御たすけ治定とぞんじ、
この上の称名は、御恩報謝と存じよろこび申し候。
この御ことわり申しわけ候こと、御開山聖人御出世の御恩・
次第相承の善知識の浅からざる御勧化の御恩と、有難くぞんじ候。
この上は定めおかせらるる御掟、一期をかぎりまもり申すべく候。
と、おっしゃっています。

まず知らねばならないのは、
我等が今度の一大事の後生です。

我等が今度の一大事の後生。
まず知らねばならないのは仏法を聞く目的。
人生の目的は我等が今度の一大事の後生。
万人共通唯一の目的は後生の一大事の解決。
今度の。今度と言ってもそんな遠い未来ではない。

吸った息が吐けなければ後生。
吸う息吐く息がふれあっているのが後生。
一大事とは取り返しのつかない大問題。
その後生の一大事の解決のために生を受けた。
仏法を聞かなければならないと言われている。

人や人やと思えども今に我が身が誘われて油断する間にダマシ鳥

我々死んでいかねばならない、後生と言っても人や人や、
まだまだ死なないと他人事、動物園の虎としか眺めていない。
まだまだ遠い未来と思っているけれどもいつまでも人の死ばかり見ておれない。

人や先人や先と思っているがやがて立場が逆転する。
ジャングルででくわす虎にでくわすときが来る。
我が身の後生がそう遠くない未来にやってくる。
誘われる、とはどう言うことですか。

これは無常の風と言うこと。無常の風に誘われる。
こういう言い方しますから。
今に我が身が無常の風に誘われる。みんな油断している。
後生の一大事ある限り油断してはならないと
赤尾の道宗はいわれている。

油断している間に騙されて後生へ突っ込んでいく。
人に騙され我が身に騙されて突っ込んでいく。
ダマシ鳥、どんな鳥か。寒苦鳥、我々は寒苦鳥だと
釈尊はおっしゃっている。

騙されて最後臨終に泣かなければならない。
寒苦鳥は一年中雪に覆われたヒマラヤに寒さに苦しむ鳥があると言われる。
非常に愚かな鳥。

これは古今東西の我々を譬えられている。
どうして愚かなのか。
この寒苦鳥は昼になると、夜の寒さを忘れて遊び回り、夜になると後悔する。
夜と昼の気温差がヒマラヤだから激しい。

昼だとポカポカ陽気で、夜を忘れる。
夜になるとどうして昼に巣を作らなかったのかと後悔する。
夜になると、今度はこんな後悔しないと固く決意するそうですが、
昼になると忘れて遊び回ってまた後悔する。これを何度も繰り返す
愚かな鳥があると言われている。

我々の姿です。
皆さんも人間界に生まれる前、地獄を出るときこんな苦しい世界は二度と来るまい、
今度こそは仏法を聞くぞと決意して出てくるそうですが、
人間界に出たら、またわすれる。

喉元過ぎれば熱さ忘れる。
地獄の苦しみを忘れている、人間界では五欲の蜂蜜に騙されてまた後悔する。
馬鹿だった馬鹿だったと後悔する。
これを何十回何百回と繰り返しているのが我々。
騙されてはならない。

人に、自分の心に騙されてはならない。
これからも騙されようとしている。
夢の浮世を日長に思い暮れて泣きやる寒苦鳥

苦しみの充満した世界がこの世です。
苦しみ一杯の儚い短い一生を日長に思ってまだまだ死なないと日長に思っています。
しかしやがて人生の夕暮れ時が来る。
いつまでも太陽は昇っていない。

人生の夕暮れ、これが暮れて泣きやる、昼もすぐに夜になる。
夜の寒さに打ち震えて、遊んでいたことを後悔する。
今なら豊かな生活で遊んでいる、仏法を真剣に聞かない。
暮れて泣きやる、こういう後悔をしてはならない。

決して寒苦鳥になってはならない。
騙されてはならない。
一息切れると同時に、無間地獄に堕ちて八万劫中大苦悩です。
この世の苦しみはひとすくいの水、後生の苦しみは大海と言われる。

桁違いの苦しみの世界が未来に待ちかまえている。
この一大事があるから何を犠牲にしてでも解決しなければならない問題だと教えます。
まず後生の一大事を自覚する。

今日浄土真宗が衰退してしまった原因。
後生の一大事を鮮明に説ききらないからです。
これを明らかに説ききれば真宗が衰退する、
浄土真宗の教えが衰退することは考えられない。
これを説けば必ず驚きを立て、火の中を突破しても
聞き抜かねばならないという思いになる。

それを説かないから葬式仏教法事仏教と衰退を辿らねばならなかった。
仏教は後生の一大事に始まり後生の一大事の解決に終わる。

私の後生の一大事です。
私たちはこの私を抜かしているから。
人の後生。
人や先ではない、我や先だぞ、私が今度に一大事の後生を解決するために仏教を聞くのですよ。


[PR]
by sakyamuni | 2017-08-29 12:00 | 蓮如 | Comments(0)