本当の仏教は生きているときに救われる

然れば平生の一念によりて往生の得否は定まれるものなり。
平生のとき不定の念に住せばかなうべからず。
(執持鈔)

平生に大安心大満足の心に生まれ変わらせていただける
平生業成の教えだから。
無明の闇がぶち破れなかったら往生はできない。

だから、
平生の時善知識の言葉の下に帰命の一念を発得せば、
その時をもって娑婆の おわり臨終とおもうべし。
            (執持鈔)

この平生の時善知識の言葉の下に・・・。
普通なら、臨終なら平生でないし、
臨終なら平生でない。
これは明らかに心の臨終を指している。

「この穢体亡失せずといえども、
 業事成弁すれば、体失せずして往生すと、いわるるか」

穢体失わずして、死ぬものがある。

死ぬものが二つあるから、臨終、葬式が二つある。
逆に言えば、生まれ変わるものも二つある。
そんなことを教えられたのは親鸞聖人だけ。
死ぬもの、普通は一つしか知らない。肉体。
苦悩の根元は肉体ではなく、心にある。
その心が無明という闇に覆われていて、病にかかっている。

苦悩の根元と突き止められたのが弥陀の本願で、
迷いの心が殺されるから、臨終を迎える。

そして迷いの心が死ぬ。すると阿弥陀仏の願力によって心が生まれ変わる。こ
ういうことを教えられたのは親鸞聖人しかいない。

そういうことを覚如上人は、
平生の時善知識の言葉の下に帰命の一念を発得せば、
その時をもって娑婆の おわり臨終とおもうべし。
といわれた。
さかのぼれば、親鸞聖人が愚禿抄に
信受本願前念命終。
それは親鸞聖人の教えにしか説かれていない。

「親鸞閉眼せば賀茂河に入れて魚にあたうべし」と云々。
これ即ちこの肉身を軽んじて仏法の信心を本とすべき由をあらわしまします故なり。
これをもって思うにいよいよ葬喪を一大事とすべきにあらず。
もっとも停止すべし。

なぜ親鸞が死んでも葬式いらんと言われたのかというと、
親鸞聖人は肉体の臨終、肉体の葬式に力を入れられたのではない。
これでは体失往生となる。
心の病が阿弥陀仏の本願によってねらわれて、
その願力によって迷いの命がぶち破られて生きているときに救われる。

肉体の葬式や肉体の解決を問題にされたのではなく、
無明の闇を阿弥陀仏はねらわれて、一念で救う。
そのことだけを明らかにされた。
信心決定できないと思っている人もいるだろう。
阿弥陀仏の本願のお力だから。

改邪鈔にはこのお言葉の他にも、決定的なお言葉があって、
それが

この娑婆生死の五蘊所成の肉身未だやぶれずといえども、
生死流転の本源をつなぐ自力の迷情、共発金剛心の一念にやぶれて、
知識伝持の仏語に帰属するをこそ「自力を捨てて他力に帰する」とも名け、
また「即得往生」ともならいはんべれ。
(改邪鈔)

このお言葉は超A級。
魂の葬式を言われている。
生きているときにハッキリできるといわれた方だから、
邪を徹底的にうち破られたのが改邪鈔。

覚如上人が明らかにされたのが平生業成。
ところが現在の本願寺は。
皆さんの中にどうせ信心決定できっこないと思っていたら、
それは現在の本願寺と変わらない。

親鸞聖人が死んだら賀茂河に捨てて魚に与えてくれと言われた意味は
第一番目に当たるのが心の葬式、平生業成。
その他にも3つある。




[PR]
by sakyamuni | 2017-08-22 12:00 | 仏教 | Comments(0)