絶対の幸福を説き表されたお言葉

親鸞聖人は、絶対の幸福について
不可称不可説不可思議の信楽と仰有っています。
不可称不可説不可思議の大功徳と一つになる。
言うことも、説くことも、想像することもできないくらいの、大きな幸せ。
例えばどこで仰有っているかな。
御和讃では。

五濁悪世の衆生の
選択本願信ずれば
不可称不可説不可思議の
功徳は行者の身にみてり
(高僧和讃)

五つに濁った、非常に乱れた世の中。
これは末法のことです。
末法になると、世の中が大変乱れてくる。
その衆生と言ったら、私達のことです。
選択本願とは阿弥陀仏の第18願。
選択とは、48ある本願の中で、阿弥陀仏がご自分の本心を説かれて、
選び取られているということ。
それを信ずれば、信心獲得すれば、南無阿弥陀仏の大功徳が信心獲得した人の、
全身にあふれる、幸せで一杯になる。
体中からあふれちゃうんだね。




[PR]
by sakyamuni | 2017-07-29 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)