一即多多即一

私たちの目は、外側を向いていますので、
他人のことはよくわかりますが、自分のことは分かりません。

何か嫌なことがあると、あいつのせい、こいつのせいと思います。

ですから仏教では自分の心を知ることが一番大事です。

自分の心を知れば相手の心を知ることができます。
これを『一即多、多即一』と言います。

一は即ち多なり、多は即ち一なり。
浄土真宗の親鸞聖人はご自身の姿を通して万人の姿を知られたんですね。

真理に即して、一切の真理を道破された。
自分の姿を通して万人の姿を知られた。
自分の姿を知れば相手の心がわかるんです。
自分の姿を知らないから相手の心がわからないのです。

自分というものを知る、
わたしとはどういうものか
これが私だぞと仏教で教えておられます。


[PR]
# by sakyamuni | 2018-11-13 12:00 | 罪悪 | Comments(0)

幸せになれない原因は?

幸せになれない原因、
実はそれは自分の中にあります。

人類は月へゆき、探査機を飛ばし、果てしなく遠い宇宙のことや
肉眼ではとても見えないミクロの世界のことまで、
今まで知らなかった多くのことを解明してきたけれど、
灯台もと暗し
自分のことは盲点だったんじゃないかな。

だから自分を知り、自分を変える、
ここに足りない何かがあり、
暗い人生を明るい人生に、
つまらない人生を楽しい人生に変えるカギがあります。

そのためには自分を知ることがまず先決です。
そういう自分に目を向けて行った哲学者達が
一様に指摘している自分の中にある原因

それを「人間存在そのものの不安」と表現されます。
そして、その解決は、仏教に明らかにされています。


[PR]
# by sakyamuni | 2018-11-10 12:00 | 仏教 | Comments(0)

新・新人類の幸福論

ニュース23でやっていた「新・新人類の幸福論」
現代人にとって幸せって何だろう?
結構関心を引くテーマです。

面白かったと思ったのは、幸せだと思う職業は?の問いに
男女とも陶芸家、
最低だったのは不祥事続きの政治家、警察官でした。

理想の年収は、1千万程度
しかし本物の陶芸家が出演して、
「とても無理」
「国宝級の人くらいでしょう」と
確かに理想と現実とは、なかなかかけ離れているもので、
幸せになりたいのになかなかなれません。

また、
テレビの中で、筑紫さんのパートナーが言っていました。
今はモノが溢れている時代だから、
何もかも当たり前になってしまって、
あまりそれが幸福と感じられなくなっています。

考えてみると、「幸福」って何だろう?

古今を通じて、多くの人が論じてきている問題です。
それは、やっぱり、生きているからには
皆な一応幸せになりたいと思います。

幸福を求めて生きている、と言っていいのでないでしょうか。

あらためて、
なんのために生きるのか」って聞かれたら、
それはやっぱり
「ああ生きててよかった」って言えるような
明るい楽しい充実した、そういう人生を送りたい。

これが言葉を変えれば、
「幸せ」になりたいから、ということじゃないかしら。
みんな幸せを求めて生きています。

生きる意味は幸せになることなのです。




[PR]
# by sakyamuni | 2018-11-07 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

五木寛之「人生の目的」

以前、こんな本がベストセラーになりました。
五木寛之「人生の目的」この本の一節です

ご本人いわく
「あまりにも正面切った古風な言い方で、
今の時代には野暮の骨頂と笑われかねない題名だと
自分でも苦笑する気持ちがある。
しかし野暮でもいい。
月並みも構わない。
人生をギャグで茶化すのも一つの智慧だが、
ここでは最近最も流行らない正面切ったやり方で、
大事なことを考えてみよう」

やはり生きる目的が大事だといっています。
そしてとりあげられたのが、ある自殺した小さい子供の遺書です。
人間の存在意義は何なのか。

最近はますますそれに対する答えが求められています。


[PR]
# by sakyamuni | 2018-11-03 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

科学は諸刃の剣

昔から言われるけれど、科学という専門知識、これは諸刃の剣です。

原子力も、恐ろしい大量殺戮兵器にもなれば、
私達の生活にかかせない電力供給源にもなります。

肝心なのは、科学知識を何の為に用いるか、という目的です。

科学はある意味では手段であり道具です。
道具を使って何をするか、
この目的があいまいなまま科学という便利な道具を使うと
悲劇が生まれます。

オッペンハイマーという人、歴史に名を残す有名な科学者です。

なぜ有名か?
アメリカで世界初原爆の製造に成功したマンハッタン計画、
その中心人物です。

わずか39歳で、天才科学者の名を欲しいままにした
ニューメキシコ州での実験成功
そのとき歓喜の声あがる輪の中心には、右手を高々と掲げた
彼の姿があった
彼自身その日は興奮に包まれ、夜もよく眠れなかったといっています。

しかし、その原爆が、日本に投下、大変な惨劇
そのニュースが彼のもとへと入ってきます。
彼はドンドンふさぎこんでいってしまう
「私の手は血塗られている」
後に湯川博士が面会
「50の彼は、70の老人のよう」
晩年は廃人のようでした。

科学は、果たして素晴らしいものと言えるか
科学は道具
要はそれを使う人間の問題です。

道具は、それを使う人間によって、良いものにも悪いものにもなります。
はさみでも
カッターでも、
人に役立てることもできれば
人を殺すこともできます。

アインシュタインの言葉
「科学なき宗教は盲目であり、
 宗教なき科学は不具である」

科学は人間がよりよく生きるためにありますから、
よく生きるための手段です。
ですから究極的には、
生きる目的がわからなければ、
科学の意味もわかりません。

[PR]
# by sakyamuni | 2018-10-31 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)