トルストイの民話集に、『人はなんで生きるか』という作品があります。
トルストイはたくさんの民話を集めて、それをアレンジして発表しています。
その中でも最も有名なのが、この『人はなんで生きるか』です。
この民話のテーマは、なんのために生きるのかです。

どんな話かというと、ある小国の農民に、
大国の王様が、
「日が沈むまでに歩き回った土地をあげよう」
とおふれを出したというものです。

これは、日が沈むまでに戻ってこれなければ、土地はもらえません。

さっそく挑戦した一人の農民が、日の出と共に、歩き始めます。
少しでも広い土地が欲しいと思って、予定よりもどんどん先に行きます。
そして、昼近くになって右に曲がり、どんどん足を速めて歩いて行きます。
そして、夕方頃になると、もうすっかり走り出しています。

ところが、もうすぐ日が沈んだら、せっかく歩き回った土地が手に入らなくなってしまいます。
猛然とダッシュして、何とか日が沈むと同時に、出発地点に戻ることができました。

しかし農夫は、戻ったと同時に、倒れてそのまま息を引き取ってしまいます。

それを聞いた王様は、
この農夫には、こんなに広い土地は必要なかったのだ。
自分を埋葬するだけの土地があればよかったのだ。
と言ったという話です。

この農夫はなぜ死んだのかというと、
自分の欲望に殺されたのです。
土地の取得に命を費やしたのです。

しかし、私たちも同じではないでしょうか。
人生というのは命の時間です。
時間を使って何かをしているということは、
命を何かと引き換えにしているのです。

時給1000円の仕事を10時間したならば、
10時間の命を10000円で売ったということになります。

そうやって私たちは、命をお金で売って生きているのです。

しかも、もっともっとと欲しがって、
最後は命を使い切ってしまうのです。

キリのない欲望を
キリ有る命で追い求めてその先にあるのは破滅のみです。

あれがほしい、これがほしい、ああしたい、こうしたい、
人間の欲望は真実とは関係なく、
人をものすごい力でだこかへ引きずり出してゆきます。

一体人は何を求めるために、
限りある命をかけるべきか考えて
みなければなりません。

これにかけて悔いなし、といえるもの
それが本当の生きる目的といえるものでしょう。


# by sakyamuni | 2019-01-15 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

影をおそれて走る

影を畏れて走る」という故事成語があります。

中国の老荘思想で有名な「荘子」の中に出てくる言葉です。

功名を追い、理想を求め、必死に努力している孔子を批判して
漁夫(ぎょほ)が次のようなたとえ話を持ち出して言っています。

自分の影を畏れ、足跡を嫌い、
これを振り切ろうとして逃げ出した男がいた。
ところが、足を速めて、懸命に走れば走るほど、
影はいよいよピタリとくっつき、足跡の数はましていきます。

まだ、遅いと思ったその男は走るスピードをあげたが、
ついに力つきて死んでしまいました。

木陰に身をおき、影をなくし、
静かなところでとどまって
足跡をなくすということを知らなかったんだ。
愚かな男だよ。

この話から、
「影を畏れて走る」
といえば、何かに追い立てられるように、
やみくもに突っ走り、
無我夢中で生きている様をさす故事成語として
使われるようになりました。

そうすると、夢のように酔生夢死してしまいます。
一体なんのために生きるのかわかりません。
かといって、その場に留まっていることもできません。
本当の生きる目的を知らなければならないのです。
それは、「荘子」ではなく、「仏教」に教えられています。



# by sakyamuni | 2019-01-12 12:00 | 生きる意味 | Comments(0)

科学が進歩して、生活が便利になまりした。

経済が発展して、ものが豊かになって、
ほしいものが手に入り、娯楽が増えました。

その結果、価値観が多様化しています。
ではそれで幸せになったでしょうか?

生活が便利になるのと、
幸せとは関係がありません。

科学の進歩や経済の発展で、
世の中がどれだけ変わったって、
幸せになれないという現実が変わらない。

個人的なことでいっても、
仕事をかえても住むところをかえても、
服装を変えて、髪型変えても変わりません。

これでは一体なんのために生きるのかわかりません。

そういう現実に失望し、絶望します。
全人類は同じところをぐるぐる回って、
流転輪廻しているのです。



# by sakyamuni | 2019-01-09 18:00 | 生きる意味 | Comments(0)

煩悩とは、私たちを煩わせ、悩ませるものです。
人間は、煩悩のかたまりです。
これを煩悩具足の凡夫と言われます。

煩悩は108ありますから、
除夜の鐘は、108つきます。
今年一年間煩悩に煩わせ、悩まされてきたから、
一つずつなくして、来年は、苦しみのない一年間にしたい
という願いを込めてうっています。

しかし、煩悩をなくしたら
煩悩具足の私がなくなってしまいますので
なくすことはできません。

その108の煩悩の中でも
最も恐ろしい三つを三毒の煩悩と言われます。

その3つとは、
欲望怒り愚痴の3つです。

もう一度いいますと、
煩悩というのは私たちの心身を煩わせ悩ませるものをいいますが、
百八の中でも特に悩ませるいやな奴が三つあります。

いわゆる三毒の煩悩といわれるもので、
貪欲、瞋恚、愚痴がそれで最も勢力の強い煩悩なのです。

貪欲とは欲の心できたなく、
瞋恚は腹立つ心で恐ろしい奴です。
愚痴は馬鹿な心で醜い奴です。

この3つが私たちを苦しめているのです。
つまり、私たちを苦しめているのは他人ではなく、自分自身なのです。


# by sakyamuni | 2019-01-03 12:00 | 罪悪 | Comments(0)

八正道の8つの関係

仏教では、さとりに向かう行いを8つにまとめて
八正道が教えられています。

八正道とは、正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定の八つです。

正見とは、正しい見方をする事。
正思惟とは、思惟とは考え方という事で、正しく物事を考えるという事。
正語とは、正しい言葉使い。
相手の立場に立って言葉を使う。
正業とは、業とは行為という事で、善い行為。
正命の命とは、生活という事で、時間・食事・仕事などの事。
正命とは、正しい生活。
正精進とは、正しい努力。
人生の目的、究極的には仏のさとりに向かっての努力。
正念の念とは、信心と言うこと。
信念とは、必ずやるぞーという思い。
正念とは、正しい信念。
正定とは、正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念の七つをまとめてやるということ。

図にするとこうなります。
八正道

(1)正見
(2)正思惟
(3)正語
(4)正業
行い
(5)正命
生活—時間
食事
授業
——
——
(6)正精進
(7)正念
(8)正定

私達は、をやってさとりを得られ、人生の目的を果たせるわけではないが、
善い事やるのは非常に大切である。
善い事をやっていかなければ、ダラダラとした生活・人間になってしまう。
人生の目的に向かって進みません。

肉体があるままで本当の幸せになれる、仏のさとりを得られるというのが、有漏涅槃
聖道仏教では、もともと私達は仏性があると言われ、
その仏性のまわりには煩悩があると言われている。

その煩悩に包まれた仏性を修行で磨きあげて、
仏のさとりを得ようとするのが、聖道仏教の教えである。

浄土仏教では、苦諦は後生の一大事、集諦は後生暗い心・心の闇、
滅諦は無碍の一道・信心決定、道諦は阿弥陀仏の本願・聴聞と言われる。


# by sakyamuni | 2018-12-31 12:00 | 因果の道理 | Comments(0)